国内旅行の一番人気

国内旅行の人気エリアとして一番人気があるのは北海道です。 夏には避暑地として魅力的ですし、冬はスキーやスノボなどのレジャースポーツを楽しんだり、温泉でゆっくりと過ごすという楽しみ方もあります。 最近では旭山動物園などの、観光スポットも大変な人気となっています。 そして北海道といえば、やはり美味しい食べ物ですし、とくに新鮮な海産物は多くの人が北海道旅行で楽しみにしていることでしょう。

なぜ北海道の海産物は美味しいのか、その理由は親潮にあります。 親潮は千島列島に沿って北から北海道の西岸を南下してくる海流で、その中には非常に豊富なプランクトンが含まれています。 日本近海を流れる海流として有名なものに黒潮がありますが、親潮には黒潮の10倍以上のプランクトンが含まれていると言われています。 このプランクトンが魚の餌となり、脂のたっぷりと乗った美味しい海鮮に成長するのです。

そして、もうひとつの理由が海水温度の低さです。 北から流れこんでくる親潮は北極付近の非常に冷たい海水が元になっていますから、そこで生活する魚は寒さに耐えるために、大量の脂肪を身体に付ける必要があります。 これも脂の乗った美味しい魚に成長する条件として欠かせません。 このような魚が私たちの食卓にのぼるのですから、美味しくないわけがありません。 ただでさえ美味しい北海道の海の幸ですが、最高の美味しさを味わうためには旬の時期をはずさないということも大切です。

北海道の海鮮とひと口に言っても、いくらやウニ、カニと、たくさんの種類があるわけですが、それぞれに美味しい時期というものが異なります。 北海道に旅行に来たら、あれもこれも何でも食べておきたいと考えてしまいますが、本当に美味しいものを食べたいのならば、旬の魚介類を食べるようにしましょう。
では、どの魚がいつ旬を迎えるのかを簡単に分類しておきます。 まず、春に旬を迎える魚としては毛ガニやエビ、ほっけ、ホタテなどがあります。 夏が旬の魚としてはウニといか、秋に旬となるのがタラバガニやさんま、鮭、牡蠣、冬が毛ガニ、たらなどとなっています。 こういったことを知っておくと、美味しい北海道の海鮮グルメをより美味しく楽しむことができます。

また、どこで食べるのかも大切です。 とにかく新鮮な食材を楽しみたいというのなら、漁港近くの海鮮市場などがお勧めですし、少し高級感を味わうならばお寿司屋さんや高級レストランという選択もあります。 手軽に海鮮グルメを楽しむならば、居酒屋もあります。 東京で食べるのと比べれば、どこで食べても安くて美味しいことは間違いありません。

そして、食を満たした後は遊びも忘れてはいけません。 三大歓楽街の一つであるススキノには、グルメと同等の価値があります。 北海道を満喫するというのはこのセットをこなして初めて言えることなのです。 ススキノで働く女の子のほとんどが北海道出身で高収入の北海道風俗求人を見て集まって来ています。 海鮮グルメと同じように東京で食べるのとはまたひと味違った楽しみ方ができるでしょう。 地元の人でも飽きることのない北海道のグルメと遊びを是非堪能してみましょう。